特作映画社

雑誌「劇と映画」大正15年3月号のこと

雑誌「劇と映画」大正15年3月号のこと

2015年10月06日 ,

去る9月26日に神田の古書店で手に入れた雑誌について。この1冊には水島あやめの作品が3作取り上げられている。映画の公開日の順に紹介したい。 まず、水島脚本「極楽島の女王」(特作映画社第一回作品・大正14年12月26日公開 […]

特作映画社の構想

特作映画社の構想

2014年08月09日

特作映画社は大正14年11月11日号の「キネマ旬報」に、次のような記事を載せている。 「本邦映画界鮸近の趨勢に鑑み本社は此処に映画製作上完全なる自由選択主義の下に独立作品の製作を開始致しました。その第一回作品として日本一 […]

映画監督・小笠原明峰の実力

映画監督・小笠原明峰の実力

2014年08月04日 ,

小笠原プロダクションは3年ほど、特作映画社はわずか3作で解散。小笠原明峰が主導し中心的に関わった2社の寿命は短かった。理由は何だったのだろうか。2社で製作公開された水島あやめの作品「落葉の唄」「水兵の母」「極楽島の女王」 […]

特作映画社の最期

特作映画社の最期

2014年08月03日

特作映画社の第2回作品で水島あやめ原作の「我は海の子」は、「キネマ旬報」で紹介されながら、結局のところ日の目を見なかった。同社はこのあと、「情の光」という映画を製作する。「少年純一は花売りと新聞配達で病床の母の面倒を見て […]

「我は海の子」の顛末

「我は海の子」の顛末

2014年07月28日

水島あやめ(23歳)の脚本作品「極楽島の女王」(10巻)は、小笠原島や勝浦、犬吠崎ロケを敢行するほど力を入れたものの失敗作に終わった。特作映画社は、すぐに第2作の製作に取りかかる。「我は海の子」という作品で、これも水島が […]

失敗作だった「極楽島の女王」

失敗作だった「極楽島の女王」

2014年07月27日

水島あやめ(23歳)の3作目の脚本作品「極楽島の女王」の完成度について確認しておく。 まず、監督した小笠原明峰自身の述懐。 「焼けつくように私の頭にコビリついて居るのは、近藤経一さんの特作映画社で、「極楽島の女王」と云う […]

栗原トーマスと内田吐夢

栗原トーマスと内田吐夢

2014年07月26日

内田吐夢(1898-1970)は、大正活映で映画の世界に入った。その大正活映の製作責任者として招かれていたのが、当時ハリウッドで早川雪洲とともに活躍していた栗原トーマス(1885-1926)で、内田は彼のもとで演技を学ん […]

碧川道夫と内田吐夢

碧川道夫と内田吐夢

2014年07月25日

碧川道夫と内田吐夢は義兄弟である。碧川の妹が内田と結婚している。この碧川と内田が初めて出会ったのも、水島あやめ(23歳)の脚本作品「極楽島の女王」製作の時であった。「「特作映画」が、私に教えた人間味と、出合いの一節」の中 […]

PAGE TOP